2010年08月28日

エイズウイルス発見物語 

1982年、モンタニエはエイズの病原体がレトロウイルスではないかとする推測を伝えられており、彼はこの見方には十分根拠があると考えるようになった。

そこで、1983年1月3日、彼は、患者のリンパ節と血液を受け取る。
リンパ球を取り出し、培養を始めた。

培養から10日以上が過ぎた1月15日、初めて逆転写酵素が見つかった。
ここで彼らは、自分たちが、世界で初めてエイズの病原体を手にしたのだという確信を抱く。


ところで……。

エイズは1980年代に初めて医学的に報告された。突然の流行と見えたこの現象から当時はアメリカ軍関係の研究所が遺伝子操作により、致死的を開発、それをCIAがアフリカにばらまいととする噂が流布した。

だが、エイズは遺伝子操作技術が開発された以前の1950年代には水面下で流行が始まっていた。
59年に凍結保存されたアメリカ人の血清から後の検査でHIVが発見された。
60年代にはアフリカの労働者の間でエイズの特徴であるカボシ肉腫が流行した記録も残っている。

HIVの起源はチンパンジーなどの類人猿に感染するSIVというウイルスと推測されている。

SIVはアフリカで捕獲されたチンパンジーから人間に感染したと推測されている。
そして、SIVが人間社会に感染が拡大するうちにHIVに変化したのだろう。

最初のHIVは20世紀初頭に生まれて勢力を広め、ついに1980年代にパンデミックが始まったと考えられている。


■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net

posted by ホーライ at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

科学は爆発だ!(文字通り) (4)

同性愛の男性に流行している「正体不明の奇病」について、最初の報告が行われた1981年のことであった。
カリフォルニア大学の若き医師マイケル・ゴットリーブはこの年、奇妙な症状を持つ男性患者を紹介された。

33歳のこの患者はひどくやせ細り、ニューモシスティス肺炎(かつての7、カリニ肺炎と呼ばれた)という極めて珍しい病気にかかっていた。
この病気は免疫力が非常に低下したときにしか発病しない。

ゴッドリーブはさらに、同性愛者の若い男性で同じように免疫の低下している患者を続けざまに4人も診察した。
新しい病気の出現を疑った彼は、論文を作成して、医学誌に送るとともにCDC(アメリカ疾病対策センター)にも送った。

これは1981年6月に掲載された。

彼の論文がCDCの広報誌に載った翌月、CDCの注意を喚起する別の論文が発表された。
今度の報告は、ニューヨークでわずか3か月間に26人の男性がカボジ肉腫というがんを発症したというものだった。
これまた、免疫の衰えた高齢者でしか見つかっていなかったまれな病気である。

最初は奇妙な免疫不全の患者はいずれも同性愛者か両性愛の男性であったため、当初、「ゲイ関連免疫不全症」などど呼ばれた。

さらに調査の結果、同性愛者だけでなく、。血液製剤を用いていた血友病患者、発症者の女性パートナー、さらには麻薬常用者からも奇病の患者が見つかった。

どうやらこの疾病は未知の病原体による感染症であり、性交渉や血液を通じて感染するらしいことが明らかになった。
その病原体は、血液製剤をつくる際に異物をろ過する際に異物をろ過するためのフィルターも通過したことから、きわめて、微小なもの、おそらくウィルスではないかと推測された。

こうして新しい奇病は1982年末にエイズ(AIDS:Acquired Immune Deficiency Syndrome)と名付けられた。

同じ時期、フランスのパスツール研究所のリュック・モンタニエは、ある病院のウイルス検査医からリンパ腫を発症した同性愛者がウイルスをもつかどうか調べてほしいと依頼された。


■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net

posted by ホーライ at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

科学は爆発だ!(文字通り) (3)

*リュック・モンタニエ

2008年度ノーベル生理学医学賞

エイズ(免疫不全症候群)の病原ウイルスHIVの発見をめぐる騒動は、ついにはアメリカとフランスの政治決着を要する問題にまで発展した。

そして最終的にHIV発見者の権利を認められ、2008年のノーベル賞を共同受賞したのは2人のフランス人リュック・モンタニエとフランソワーズ・バレ-シヌシであった。

これは科学的発見をめぐる研究者たちの競争と確執がたどった道筋を、ノーベル委員会による研究業績の認定の在り様を追うひとつのドラマだ。

モンタニエらが最終的にHIV発見者と認められるまでには20年に及ぶ紆余曲折があった。

モニタニエらと競っていたのは、アメリカのロバート・ギャロだった。


『正体不明の奇病』について最初の報告が行われたのは1981年のことだった。




■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net


posted by ホーライ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

科学は爆発だ!(文字通り)(1)

■1847年、イタリアのA・ソブレーロは、濃硝酸と濃硫酸の混合液に
グリセリンを加えると、オリーブ油のような油ができることを発見した。

→「発見した」ってね、、、どうして上の3つを混ぜる気になったんだよ!? 
何ができるか予想していたなんて思えないね!きっと子どもの頃からイタ
ズラ好きだったオヤジだったんだな。


■A・ソブレーロは、この油を指の先にほんのわずかつけてなめてみた。

→おおおお〜〜〜いいいぃぃ! なんで舐めるんだ〜〜〜!!?? 
なんで舐める気になるんだよ。そんな硝酸と硫酸が混じっている油をさ。 
はらをこわすぞ! 昔から、道に落ちているものでも食っていたんかい?


■なめてみると、芳香味があったが、無臭だった。しばらくすると、頭痛
が彼を襲った。

→ほ〜〜〜〜〜ら、みろ!! そんな変なもん舐めるから、そうなるんだよ!



■この油に圧力をかけると爆発した。

→これが、また分からん。「舐めてみる」と「圧力をかけてみる」って、
どう考えても関連ないぞ!おい、支離滅裂だぞ。 子どもみたいだぞ。
なんでもやってやれ!てか?



■ソブレーロは、この事実をフランスの科学雑誌に同年の夏、発表した。

→そんなもん、科学雑誌に論文として、投稿すんなよ、子どものイタズラと
五十歩百歩なのに。。。



■この記事がフィラデルフィアの医学校の医師コンスタチン・ヘリング教
授の目にとまった。

→どこに興味をもったんだろう? きっとこのおやじも「トンデモオヤジ」
に違いない。



■薬になるかもしれないとヘリング教授は、その油を同じ方法で合成しよ
うと努力した。

→試すなよ、そんなもん、子どものイタズラなんだからさ。



■ヘリング教授は、夏、反応容器を氷で冷やしたしたがダメだった。

→ほらね。だからさ、無駄だって。



■やがて、冬になり、科学者モリス・デービスは、ソブレーロと同じ方法
で油を作ろうとした。

→なんで、こんな「トンデモオヤジ」がこうもいるんだろう?
科学者って、みんなそんなの?(はい、みんな大体、こんなもんだと思っ
て間違いありません。)



■デービスは成功し、目的の油、約20滴を得た。12月7日、彼はこの
ことをヘリング教授に手紙で送った。
ヘリング教授は、この油でいろいろ試験した。この油をアルコールに溶か
して、それを砂糖つぶに染み込ませた。この砂糖つぶを舌の下に与えて
反応をみた。5人で49回テストした。

→おい!5人から同意をとったんだろうな?いや、きっと取ってない
とみたぞ。今ならGCP違反だ!!



■その結果、1分以内に頭痛が起こり、脈拍が増え、これは10分から
1時間続くことが分かった。
この結果からヘリング教授は、この油は「狭心症」の治療に使えるかも
しれないと思った。

→この発想がもう常人とは思えない。なんでも使えそうなのは、使って
しまえ!的発想だね。



■この油こそが、「ニトログリセリン」であり、狭心症のフェーズ1を
ヘリング教授がやったことになる。
しかし、ニトログリセリンが狭心症の特効薬として世界に認められるま
でには、さらに時間がかかる。
一方、1863年、スウェーデンのアルフレッド・ベルンハルト・
ノーベルは、この油と黒色火薬を混ぜ、ダイナマイトを発明。

→「新薬」はいつも「トンデモオヤジ(オバン)」のぶっとび発想から生まれる。
posted by ホーライ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

世界的研究所、大学に30カ所 科技会議が目標示す

2006年05月24日02時23分
 国の経済発展につながる革新的な研究成果を大学で生み出すため、総合科学技術会議(議長・小泉首相)は、30カ所を目標に世界水準の研究拠点をつくることを決めた。23日の本会議で、能力主義の徹底や、研究者・教員の2割以上を外国人にすること、研究教育の完全英語化など、拠点の具体像が示された。

 各拠点は従来の専攻にとらわれず、教授10人、研究者50人以上の規模とする。場合によっては大学外の研究所などとも協力し、分野を超えた融合型の組織をつくる。

 現時点でこうした基準を満たす拠点はないが、文部科学省が詳細な基準をつくり、有望な拠点に対して10〜15年間重点的に助成する。各学問分野で世界の上位20位に入ることが目標で、1大学が複数の研究拠点を持つこともありうる。

 想定する学問分野は、材料科学や生命科学から数学や素粒子物理学までと幅広い。応用範囲の広い成果は基礎的な科学研究からこそ生まれるとして、応用科学には限らなかった。

 お手本は米国の大学。例えばロボット工学の世界的拠点である米カーネギーメロン大は、機械工学から人工知能まで幅広い分野の研究者と大学院生200人が集まり、軍や米航空宇宙局(NASA)、企業などから年間50億円の研究費を受託する。生物工学で知られるスタンフォード大の拠点は教員、研究者600人が在籍、ノーベル賞受賞者が名を連ねる。

 世界水準の拠点づくりを目指す取り組みでは現在、文科省の「21世紀COEプログラム」(COE=センター・オブ・エクセレンス)がある。同省は来年度から、採択数を絞って助成額を増やす新プログラムを始める方針だが、総合科学技術会議はこれも30カ所の拠点づくりに役立つ中身にするよう求める。

posted by ホーライ at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

次の100年を決定的に変える技術、発明、発想は何?


「2000年間で最大の発明は何か」ジョン ブロックマン (著), John Brockman (原著), 高橋 健次 (翻訳)という本が有った。
 ↓
2000年間で最大の発明は何か

そこで、今後、100年間を決定的に変えうる可能性がある科学技術を考えてみる。

たとえば、新薬開発ならば……
続きを読む
posted by ホーライ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故、水は100℃で沸騰し、0℃で凍るのか?

それは、そうのように決めたからです。

つまり、水が沸騰する温度を100℃、凍る温度を0℃とし、その間を100で区切りました。

ところで、普通の物体は液体から固体になると、容積が小さくなる(比重が重くなる)。

もっと簡単に言うと、普通の物は温まると退席が膨張し、冷えると体積が小さくなる。
ところが、水だけは違う。

この得意な“性質”が僕たちの地球には大切なのだ。
何故なら・・・
続きを読む
posted by ホーライ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。